BLOG

未来工作BLOG

2024.06.24

PLAY&CRAFT

★.*。✧プレクラ通信 ★.*。✧vol.42

こんにちは。せっきーです!

最近は研究員としてではなく広報の部分でプレクラに関わることが増えたので、今回は味変企画としてプレクラコソコソ話を書いていこうと思います。

プレクラコソコソ話では、プレクラ研究員(プレクラスタッフ)のモノづくりに関する裏話を紹介していく予定です。

それでは早速…

コッソリ勉強会

プレクラはモノづくりを子どもたちと一緒に楽しむ場。

講師となって子どもたちに教えるのではなく、やってみたいという思いに合わせて補助やアドバイスをし、手を出しすぎず、自分で出来た達成感を味わってもらえるようにしています。

つまり基本的には子どもたちの主体性に任せたモノづくりを行うのですが、いざという時に研究員は子どもたちへの補助やアドバイスができなくてはなりません。

ということで研究員たちは自己研鑽のための勉強会をコッソリやっているのです。

この椅子。いーっすね!

先週行われた勉強会の様子を少しご紹介します。

この日の講師はタケさん!

勉強会のテーマはダンボールで椅子を作ること。

なーんだ。簡単じゃん!

いえいえとんでもない。

今回椅子を作るにあたり、使っていい道具はダンボールとハサミのみ。

糊やテープなどの接着剤の使用はNGです。

タケさんチャレンジ!

椅子が出来上がったらタケさんチャレンジ!

自作の椅子に座り、両足を上げて3秒耐えられたらチャレンジクリアです。

安定感のある椅子、見た目にも美しい椅子、中には壊れてしまい何度もタケさんチャレンジをうける椅子も…?!

一見すると一発クリアが理想的なように見えますが、モノづくりの中で生まれる試行錯誤を体験することも重要なのです。

まとめ

研究員は子どもたちを暖かくサポートできるように取り組んでいます。

夜に横町ラボの横を通って灯りがついていたらそれはコッソリやっている勉強会かもしれませんね。

この記事を書いたクリエイター

未来工作ゼミ アートディレクター

せっきー

他の記事も見る

この記事をシェアする

一覧へ戻る

TOP